延床31坪4LDK|+リビング階段で子どもの成長段階に対応できる新築間取り例

思春期前は一階のどこからでも見渡せること、思春期は子どもの出入りを確認できるリビング階段で親子の触れ合いをつくる。成長段階に合わせられる子育てしやすい間取りす。

人気の間取りプラン集

新築分譲一戸建てに見る子育しやすい今どきの間取り

+リビング階段で、子どもの成長に合わせられるリフォーム不要の家

延床面積:31.54坪(104.28㎡) 土地面積:93.33坪 木造3階建て 南向き 4LDK(4人家族向け)

-キッチンから見渡せるリビング・ダイニングと和室とリビング階段の新築間取りプラン

 

思春期前は一階のどこからでも見渡せること、思春期は子どもの出入りを確認できるリビング階段で親子の触れ合いをつくる。成長段階に合わせられる子育てしやすい間取り。

言葉が通じない乳幼児期は、家事をしながらでも異変や危ない行為を注意深く見守る必要があります。小学生くらいまでは、リビング学習やテレビゲーム、YouTubeの時間規制をしながら正しい習慣を身に付けるために親の目が届く環境をつくることが大切です。
1階部分を家族全員が集まっても狭くないファミリースペースにすることで、空間のどこにいても家族の姿を確認できる環境をつくることができます。また、子どもの思春期は親の目が届きにくくなるため、自然に顔が合わせられる動線づくりが効果的です。この間取りでは玄関からLDKを経由する位置に階段をつくることで子どもの出入りを一階で確認できるようにしています。
そして、子どもの独立後は、一階で生活が完結できるように洗面室や浴室、庭、寝室となる和室を集めています。生活の変化も想定した間取りにすればリフォームの必要もなくなり余計なコストも抑えられます。

子どもの成長に合わせたリフォーム不要のプラン 5つのポイント

LDK19帖+和室4.5帖で広いファミリー空間を確保。空間を一体化し死角をなくした1階間取り。

思春期の子どもにはリビング階段が効果的。

洗面室→庭→和室の洗濯動線で一連の作業がスムーズに。

子どもの独立後は、一階で暮らしが完結するオールインワンな間取りに。
 

19帖+和室4.5帖で広いファミリー空間を確保。空間を一体化し死角をなくした1階間取り。

空間を一体化し死角をなくした1階間取り今どきの間取りは仕切らずに一体化したLDKが主流です。メリットは空間が広く見えること。死角が少なくなり家事をしながらでも家族の様子をすぐに確認でき会話もしやすくなります。足腰が弱くなる老後を想定した場合もフラットな床のため、安全な移動がしやすいこと。車椅子生活になった時でもスムーズに移動でき方向転換も容易になります。併設した和室も襖戸にすればリビングがさらに広くなり閉じれば独立した空間に。老後は主寝室とすれば暮らしの全てが1階で完結します。生活の変化にも対応しやすいため余計なリフォーム費用が不要になります。

西宮,北摂,宝塚,神戸の新築4LDK一戸建て販売特集

 

 

思春期の子どもにはリビング階段が効果的。

思春期の子どもにはリビング階段が効果的いつも親の近くにいた子どもも思春期になれば親との距離を取るようになります。四六時中接することが少なくなっても子どもの様子を確認することは大切です。リビングの中に階段をつくれば、玄関から2階の子ども部屋に移動する経路になり子どもの様子や声がけがしやすい環境を自然につくることができます。リビング階段は寒いというデメリットを聞くこともありますが、この間取りのようにリビングと階段を壁で仕切り、出入り口に扉を設けることでリビングの室温を保つことができます。

西宮,北摂,宝塚,神戸の新築4LDK一戸建て販売特集

水回りはまとめてコンパクトに。さらに洗面室→庭→和室の洗濯動線でスムーズに。

水回りはまとめてコンパクトに家事と子育てを両立するためには、子どもと交流しやすい環境づくりとともに家事負担を軽減する家事動線も大切です。キッチンと洗面室・浴室を一か所にコンパクトにまとめることで炊事と洗濯の移動が少なくなります。また、洗面室から庭へ出入りできるようにすれば洗い終えた重たい洗濯物をすぐに庭へ移動でき干す作業も行えます。そして和室と庭をつなげることで乾燥した洗濯物を取り込み、畳の上で座りながら折り畳むことができ便利です。
西宮,北摂,宝塚,神戸の新築4LDK一戸建て販売特集
子どもの独立後は、一階で暮らしが完結するオールインワンな間取りに。

子どもの独立後、一階で暮らしが完結する間取り子育て期間が過ぎ子どもが独立すれば、夫婦二人だけの暮らしが始まります。老後は2階空間を収納部屋と子ども家族の帰省時の宿泊場所にして、和室を主寝室にするだけで1階で全ての暮らしが完結できる家になります。子育て期間も老後にも対応できる間取りにすれば、余計なリフォームを必要としない家になります。
西宮,北摂,宝塚,神戸の新築4LDK一戸建て販売特集

「子どもの成長に合わせられるリフォーム不要の家」のまとめ

家は今だけではなく、将来の家族の変化に対応できる家を事前に想定することが大切です。
そのためには、
・一体化したLDK空間をつくること。
・思春期には子どもの様子を確認できるリビング階段。
・子育てと家事を両立するために水回りはコンパクトに。
・移動の多い洗濯動線を庭と和室を利用することでスムーズに。
家族生活の中心になる空間を一体化させて効率的な家事動線をつくれば、子どもの独立後もリフォーム不要の暮らし勝手の良い家になります。

私たちは、住宅地として名高い阪神間、北摂、神戸の自然豊かで都市機能も整ったエリアに特化して
新築分譲一戸建ブランド「センシア」を企画から施行まで行っている戸建てデベロッパーです。
間取りだけでなく周辺環境も見定めて、子育てしやすい新築分譲戸建てを多数分譲しています。
モデルハウス見学予約ができる物件もありますので
下のバナーをクリックして、実物を見ながらマイホーム探しの参考にしてみてください。

西宮,北摂,宝塚,神戸の新築4LDK一戸建て販売特集-

-

-

間取プラン概要/延床面積:31.54坪(104.28㎡) 土地面積:93.33坪 木造3階建て 南向き 4LDK(4人家族向け)

______________________________________________________________